• アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
文字の大きさ 元の大きさにする文字を大きくする 配色変更 背景白色に黒文字 背景黒色に白文字 背景青色に白文字 背景黄色に黒文字
暮らしの情報

暮らしと環境の窓口

高齢者・障害・児童福祉

教育

介護保険

消防・救急

税金

国民年金・国民健康保険

健康管理・医療機関

医師会からのお知らせ

こんな時どうするの?

トピックス
申請書ダウンロード 下市観光ガイド 下市空家バンク 防災について

暮らしと環境の窓口

ごみ収集について

ごみの出し方

ごみの出し方について、ご案内します。

家庭から出されるごみは、可燃ごみ、不燃ごみ、資源ごみ①、資源ごみ②、大型ごみ、の5種類に分けて出してください。
■ごみの地区別収集日程表
収集地区名
可燃ごみ
(赤字)
不燃ごみ
(青字)
資源ごみ①
(黒字)
資源ごみ②
(緑字)

下 市 A

  (山崎、堂垣内、北口、天神、植木、青葉台、桧皮蔵、新町、本町、今在家、惣上、大峯、下阪、上阪)

毎週             
月 曜 日
木 曜 日  
毎月
第1火曜日
毎月
第1金曜日
毎月
第2金曜日

下 市 B

(都町、秋津、宮ノ向、寺内、田中、明大、堀毛、栄町)

毎週             
月 曜 日
木 曜 日                 
毎月
第2火曜日
毎月
第3金曜日
毎月
第4金曜日

善城・岩森

毎週
月 曜 日
木 曜 日
毎月
第3火曜日
毎月
第1水曜日
毎月
第2水曜日

新   住

毎週
火 曜 日
金 曜 日
毎月
第3火曜日
毎月
第1水曜日

毎月
第2水曜日

阿知賀・小路

毎週
火 曜 日
金 曜 日
毎月
第4火曜日
毎月
第3水曜日
毎月
第4水曜日

  栃原・平原・原谷・栃本・梨子堂・立石・才谷・伃邑(岩森を除く)

毎週
水 曜 日
毎月
第2木曜日
毎月
第1月曜日
毎月
第2月曜日

  広橋・丹生・長谷・谷・西山・貝原・黒木

毎週
水 曜 日
毎月
第4木曜日
毎月
第3月曜日
毎月
第4月曜日

収集日が祝祭日にあたった場合は次の収集日まで収集しません。
※年末年始・ゴールデンウィーク等で変更のある場合は、別途お知らせします。
※ごみは、収集日の朝  時までに、所定の場所に出してください。
決められた日時以外に出されますと、犬や猫がごみを散らかし、ご近所に迷惑となります。

家庭ごみの出し方・分け方 [平成24年6月1日から適用(2012改訂版)]

種類分 け 方出 し 方







台所ごみ(残飯、茶がら、料理くず、卵の殻等の生ごみ)
紙くず類(ちり紙、紙おむつ、食品の空き袋等)
木くず(剪定した木の枝、工作に使用した削り屑)  
草類(落ち葉、生け花等)
       
可燃ごみ.jpg
●生ごみは、よく水を切ってから可燃ごみ袋(赤字)に入れてください。
●紙おむつは便を取り除いてから指定袋に入れてください。
●剪定した木の枝や、工作に使用した削りくず等、長さ30cm以内、直径30cm以内にひもで束ね、可燃証紙を貼って出してください。
細かい枝や葉等は散乱する恐れのあるものは指定袋で出してください。








陶器類(茶碗、皿、植木鉢、花瓶等)
ガラス類(コップ、灰皿、化粧品ビン、電球、ガラス破片等)
皮・ゴム類(革靴、長靴、カバン等)
プラスチック類(リサイクルマーク  等の表示のない容器類)
金属類(鍋、やかん等)
不燃ごみ.jpg
●刃物や替え刃、ガラス等の危険なものは厚紙に包んでから不燃ごみ袋(青字)に入れてください。
●スプレー缶は、必ず中を空にして火のないところで穴をあけてください。


  






飲料用ぺットボトル(ジュース、ウ一口ン茶、ミネラルウォーター等)
調味料ペットボトル(しょうゆ、みりん等)
酒類ペットボトル(焼酎、ウイスキー等)
ペットボトル.jpg
●キャップや異物を取り除き、中を洗って資源ごみ袋①(黒字)に入れて出してください。
●ペットボトルは、の表示があるか確認してください。表示のないのは、不燃ごみに出してください。



アルミ・スチール缶
飲料缶(缶ジュース、缶ビール等)
食料缶(缶詰缶、お茶缶、のり缶、菓子缶、ココア缶、ミルク缶等)
その他(文具缶等)
空き缶.jpg
●飲み残しや異物を取り除き、中を洗って資源ごみ袋①(黒字)に入れて出してください。


飲料ビン(栄養ドリンク、ジュース、酒、ウイスキーのビン等)
調味ビン(しょうゆ、ソース、酢、食塩、麺つゆのビン等)
薬ビン(風邪薬、胃腸薬、栄養剤のビン等)
その他のビン(インスタントコーヒー、ジャム、ふりかけのビン等)
空きビン.jpg 
●必ず資源ごみ袋①(小)(黒字)を使用ください。
●ビンは、水洗いしてから出してください。
●キャップや栓、化粧品のビンは、燃えないごみで出してください。





 

プラスチック容器、ナイロン・ポリ容器 
容器類.jpg
●中を水洗いしてから資源ごみ①袋出して下さい。
 

  



新聞紙(新聞紙、折り込み広告等)
雑誌(雑誌、書籍、包装紙、化粧箱等)
段ボール・紙パック(500ml以上のもの)
紙類.jpg 
※段ボールは70cm程度の大きさに、必ず種類別に十字に縛って出してください
●新聞、雑誌、段ボールはひもで梱包し、可燃証紙を貼って、資源ごみ②の日に出してください。
(縦30cm、横40cm、高さ30cm程度に1枚又は15kg程度に1枚)
●パック類は、水洗いし乾燥してから出して下さい。

布類(衣料、タオル)
 
衣類.jpg
●布類は、洗濯などきれいにして、資源袋②(緑字)に入れて出してください。
●下着、靴下等は、可燃ごみとして出して下さい。




白色トレイ、発砲スチロール 
トレイ等.jpg
●水洗いして資源ごみ②(緑字)の袋に入れて出して下さい。
●汚れ、臭いの落ちないものは、可燃ごみとして出して下さい。













☆大型ごみは、電話予約による個別収集又は直接搬入です。
家具類(タンス、机、、応接セット、食器棚等)
その他(石油ストーブ、布団、物干し竿、コンロ、自転車等)
※引っ越しなど一時多量の場合は収集しません。分別して直接搬入してください。
電話予約による個別収集の方法

電話をする⇒大型ごみに証紙を貼り、予約日に家の前に出す(車の入る所まで)⇒収集する。
【事前予約】


☎52-5901
IP☎68-9075









 
南和広域美化センタ| への直


☆引っ越しや家の片づけ等による一時的多量のごみを処分する場合。
1.必ず事前に紫水苑に連絡し、南和広域美化センターとの日程調
整を依頼して下さい。
(南和広域美化センターに直接申し込むことはできません。)
2.日程調整がつきしだい、紫水苑から調整した日を連絡致します。
3.日程調整した日の8時30分から11時30分までに、搬入して下さい。
【搬入先】
 《『南和広域美化センター』大淀町芦原185番地》

※一度に搬入できるごみの量は、限られていますので予約時にご確認下さい。
※ごみ処理手数料が必要です。(10㎏あたり60円)

●可燃ごみ、不燃ごみ、資源ごみ又は大型ごみ等に分別して下さい。

【事前予約】


☎52-5901
IP☎68-9075


紫水苑 への直


☆一時的多量ごみ以外で、紫水苑へのごみの持ち込みは、町指定
ごみ袋(証紙を貼ったごみを含む。)又は市販のごみ袋に入っている
分別されたごみと大型ごみです。ただし、町指定ごみ袋(証紙をを貼
ったものを含む。)に入ったごみを除き、それ以外のごみについては、
ごみ処理手数料(10㎏につき60円)が必要です。
※搬入できるごみの量は、少量です。事前に紫水苑にご確認下さい。
 
●月曜~金曜日(祝祭日除く)午前9時~午後3時まで紫水苑で受付
【事前連絡】


☎52-5901
IP☎68-9075


 【注】下市町最終処分場(栃原)へのごみの直接搬入は、平成24年5月をもって終了しましたのでご注意下さい。

町では扱えないごみ

町では処理・処分ができませんので販売店か処理業者に相談してください。
事業系建設廃材、残土、消火器、薬品類、プロパンガスボンべ、タイヤ、バッテリー、農業具類、農薬ビン、ビニールハウスのビ二ール、ピアノ、家電リサイクル法・PCリサイクル対象の機器等

家電リサイクル法の対象となる機器の処分

対象となる機器は「エアコン」「テレビ」「冷蔵庫・冷凍庫」「洗濯機・衣類乾燥機」です。 これらの製品の廃棄は家電リサイクル法にしたがって行うことになります。 引き渡しには、以下の方法があります。

                                                             

●処分方法                                                                                          ①小売店を通して処分する方法                                                                                                                  ○ 処分する機器を過去に購入した小売店に依頼する。                                                        ○ 新しく製品を購入する場合は、購入する小売店に依頼する。                                                 ●自分で直接処分する方法(小売店が廃業で存在しない場合等)                                                                       ○ 処分する製品名・品番を確認のうえ、郵便局で所定のリサイクル料を支払い「家電リサイクル券」と「郵便振替払込受付証明書」を受け取り、『指定取引所』(近くでは、佐川急便御所支店)又は『南和広域美化センター』へ直接搬入するか、『紫水苑』へ引取依頼をして下さい。  南和広域美化センターへ直接搬入する場合は、処分する製品1台につき1,000円、紫水苑へ引取依頼する場合は、処分する製品1台につき2,100円の手数料が別途必要となります。

PCリサイクルの対象となる機器の処分

資源有効利用促進法によって家庭から出され る使用済みパソコンは、パソコンメーカーが回収し再資源化す ることになります。 
家庭で不要になったパソコンを廃棄される場合は、必ずメー カーに回収申し込みをしてください。      
●お確かめくださいPCリサイクルマーク
PCマークがついた製品は、新たな料金負担なしでメーカーが回収・再資源化します。マークがついていない製品は、回収再資源化料金※を、ご負担いただきます。

※メーカー指定の方法で、お支払をお願いします。

PCリサイクルQ&A

Q1パソコンの排出は、どこに申し込めばいいの?
A1パソコンを購入したメーカーに直接お申し込みください。各社のホームページなどで、受付窓口のURLや電話番号、営業時間などが紹介されています。なお、販売店や郵便局へ申し込むことはできません。

Q2PCリサイクルマークがついていないパソコンを排出するときの費用は?
A2回収再資源化料金は、各メーカーが独自に設定します。参加メーカーのお問い合わせ窓口(ホームページ)で、ご確
認ください。

Q3すべてのパソコンに、PCリサイクルマークがつくの?
A3PCリサイクルマークがつけられるのは、参加メーカーの家庭系パソコンに限ります。参加メーカー各社が事業系パソコンと判断したものは、マークはつけられません。

Q4排出の際、パソコンは梱包が必要ですか?
A4郵便小包として配送するので、梱包が必要になります。ダンボールへの箱詰めや、輸送途中で破けないような簡易
梱包をお願いします。なお、デスクトップパソコン(本体)とディスプレイは別々に梱包してください。


自作パソコン・製造メーカーが事業撤退等の場合は、一般社団法人パソコン3R推進協会へお問い合わせ下さい。
http://www.pc3r.jp/home/index.html


 

ご不明な点や質問等ございましたら、紫水苑までお気軽にお問い合わせください。
TEL : 0747-52-5901
// メールでのお問い合わせはこちらから //

ページの最初に戻る