• アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
文字の大きさ 元の大きさにする文字を大きくする 配色変更 背景白色に黒文字 背景黒色に白文字 背景青色に白文字 背景黄色に黒文字
暮らしの情報

暮らしと環境の窓口

高齢者・障害・児童福祉

教育

介護保険

消防・救急

税金

国民年金・国民健康保険

健康管理・医療機関

医師会からのお知らせ

こんな時どうするの?

トピックス
申請書ダウンロード 下市観光ガイド 下市空家バンク 防災について

国民年金・国民健康保険

国民年金の給付

国民年金の給付一覧

給付の種類 給付の条件
老齢基礎年金 25年以上の受給資格期間を満たす人が、65歳に達したときに支給されます。(希望すれば繰り上げ、繰り下げ受給もあります。)
障害基礎年金 (1)一定の給付用件を満たしている方で、国民年金に加入されている方や 老齢基礎年金を受ける資格のある方が、障害の程度が国民年金に定める1級又は2級の障害となったとき。(注:障害者手帳の障害等級とは異なります)
(2)20歳前の初診日で障害の状態(国民年金の定める1級または2級)になったときは20歳に達してから支給。
遺族基礎年金 国民年金の加入者または老齢基礎年金の資格期間を満たした方が亡くなったとき、その人の収入で生活していた子のある妻、または子に支給されます。子とは、18歳に達する日の属する年度末までの間の子供をいいます。なお、障害のある方は20歳未満です。
受給するには、次の条件があります。
・死亡日の前々月までの加入期間に、保険料の滞納期間が3分の1以上ないこと。ただし、死亡日が平成28年3月31日までにある場合は、死亡日の前々月までの1年間に未納がないこと。
寡婦年金 寡婦年金 第1号被保険者期間だけで老齢基礎年金を受けられる資格のある夫が年金を受けずに死亡したとき、婚姻期間が10年以上ある妻に60歳から65歳になるまでのあいだ支給。
夫が「障害基礎年金」を受給している場合を除く。
付加年金 第1号被保険者として付加保険料を納めた人に老齢基礎年金と併せて支給。
死亡一時金 第1号被保険者として保険料を3年以上納めた人が年金を受けずに死亡したとき、生計を共にしていた遺族に支給。

ご不明な点や質問等ございましたら、下市町役場(住民保険課)までお気軽にお問い合わせください。
TEL : 0747-52-0001
// メールでのお問い合わせはこちらから //

ページの最初に戻る