• アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
文字の大きさ 元の大きさにする文字を大きくする 配色変更 背景白色に黒文字 背景黒色に白文字 背景青色に白文字 背景黄色に黒文字
暮らしの情報

暮らしと環境の窓口

高齢者・障害・児童福祉

教育

介護保険

消防・救急

税金

国民年金・国民健康保険

健康管理・医療機関

医師会からのお知らせ

こんな時どうするの?

トピックス
申請書ダウンロード 下市観光ガイド 下市空家バンク 防災について

健康管理・医療機関

HOME > 暮らしの情報 > 健康管理・医療機関 > 熱中症にご注意ください

熱中症にご注意ください

7月から9月にかけては、熱中症の発生しやすい時期です。熱中症を予防して、夏を乗り切りましょう。

熱中症を発症しやすい環境

◎高温多湿で、汗が蒸発しにくい

◎風が弱く、身体周囲の熱がにげにくい

◎日射を受け、体温が上昇する

熱中症予防対策の6か条

◎体調を整える

  1日3食、栄養バランスのよい食事と十分な睡眠をとりましょう。

◎通気性の良い服を着て、外出時には帽子や日傘を忘れずに。

  汗がすぐ乾くような、吸湿性と通気性に富んだ衣服を

◎こまめに水分補給

  渇きを感じる前に、水分補給をしましょう。汗をたくさんかいたときは、塩分も合わせて補給をしましょう。

◎適度に汗をかく習慣を

  発汗機能が正常に働くように、日頃からウォーキングなどの運動や入浴などで汗をかく習慣をつけておきましょう。

◎室内の温度・湿度管理を

  クーラーは28℃くらいに設定し、ドライ機能なども上手に活用を。冷房は強すぎると外気温との差が大きくなり、出入りの際に体に負担になるので注意しましょう。

◎日陰を味方に

  外を歩くときは、日陰を選び、直射日光を避けましょう。室内は、すだれやカーテンなどで直射日光を防ぎ、風通しをゆよくする工夫を。

※こどもさんや高齢者の方は、熱中症にかかりやすいので特に注意が必要です。

ページの最初に戻る