• アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
文字の大きさ 元の大きさにする文字を大きくする 配色変更 背景白色に黒文字 背景黒色に白文字 背景青色に白文字 背景黄色に黒文字
観光ガイド
  • 下市町の歴史
  • 主な名所・施設
  • 季節のイベント
  • 自然の紹介
  • 下市温泉秋津荘・明水館
  • お寺・神社めぐり
  • 拓本の里「拓美の園」
  • 特産品
  • 文化財
  • 観光マップ

文化財

HOME > 観光ガイド > 文化財 > 岡峯古墳

岡峯古墳

古墳は標高160mの河成段丘の北側に位置する径約15m、高さ4.5mの円墳である。石室はほぼ西に向かって開口する横穴式で天井を緑泥片岩の巨石で覆った羨道(えんどう)、前道、玄室からなり、玄室は長さ約3.05m、幅2m、高さ約2.2mあり古墳時代後期に築造されたもので、特に玄室に石棚を有している点は紀の川下流の岩橋千塚と同じ形式で、古墳の多い県下においても極めて珍しいものである。
古墳内から環頭・素環頭柄黒漆太刀・金環・ガラス玉・須恵器などが出土した。中でも素環頭柄黒漆太刀の環頭部に象嵌された唐草文様は、法隆寺の平瓦に刻まれたものよりは半世紀さかのぼるもので、日本最古の唐草文として重要な意味を持つものである。
岡峯古墳
(奈良県指定)
ページの最初に戻る