• アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
文字の大きさ 元の大きさにする文字を大きくする 配色変更 背景白色に黒文字 背景黒色に白文字 背景青色に白文字 背景黄色に黒文字
観光ガイド
  • 下市町の歴史
  • 主な名所・施設
  • 季節のイベント
  • 自然の紹介
  • 下市温泉秋津荘・明水館
  • お寺・神社めぐり
  • 拓本の里「拓美の園」
  • 特産品
  • 文化財
  • 観光マップ

文化財

HOME > 観光ガイド > 文化財 > 観音堂仏像四体

観音堂仏像四体

観音堂仏像四体

観音堂仏像四体(下市町指定)
安楽寺
阿弥陀如来立像
木造 像高135cm
聖観音立像
木造 像高155cm
四天王二体
木造 像高109cm(二体とも)
両足を揃えて立ち、上品下生の印相をもつ阿弥陀如来で、後世のものと考えられる金箔に古色が付いたのか全体に黒っぽく檜材の一木造りで、平安時代中期のものと思われる。 左手に未敷蓮を持つ檜材一木造りで、黒一色に塗られているのが目立ち、すらりとした姿のよい像である。 般若寺(現観音堂)の四天王であったと思われる内の二体で、①増長天・②多聞天共に檜材一木造りで、顔がなかなかよく、平安朝形式で作られている。
ページの最初に戻る