• アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
文字の大きさ 元の大きさにする文字を大きくする 配色変更 背景白色に黒文字 背景黒色に白文字 背景青色に白文字 背景黄色に黒文字
観光ガイド
  • 下市町の歴史
  • 主な名所・施設
  • 季節のイベント
  • 自然の紹介
  • 下市温泉秋津荘・明水館
  • お寺・神社めぐり
  • 拓本の里「拓美の園」
  • 特産品
  • 文化財
  • 観光マップ

文化財

HOME > 観光ガイド > 文化財 > 波比売神社

波比売神社

波比売神社氏子の中から宮受けをする2人を選び、この2人が年齢順に兄座と弟座に分かれ當家を受ける。當家は、一生に1回だけ当たり1年間波比売神社の給仕を務める。神社の祭礼当日のみ本殿の扉あけがあり、當家の御幣に神移の式が行われ、その御幣を各當家に持ち帰り7日間お祭りをする。ついで兄、弟座は9月末に親類、縁者等を招待して神様を祀り宮座當家の振る舞いをする。特に、宮座當家の振る舞いの中で江戸時代の膳組のひとつである硯蓋(すずりぶた)という膳が出され、招待者に振る舞われる。この膳も文化財的な要素が多分にあると考えられる。
波比売神社 宮座行事
(下市町指定)
栃原波比売神社
ページの最初に戻る