• アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
文字の大きさ 元の大きさにする文字を大きくする 配色変更 背景白色に黒文字 背景黒色に白文字 背景青色に白文字 背景黄色に黒文字
観光ガイド
  • 下市町の歴史
  • 主な名所・施設
  • 季節のイベント
  • 自然の紹介
  • 下市温泉秋津荘・明水館
  • お寺・神社めぐり
  • 拓本の里「拓美の園」
  • 特産品
  • 文化財
  • 観光マップ

主な名所・施設の紹介

広橋梅林

広橋峠一帯にひろがる梅の里

広橋梅林は月ヶ瀬、賀名生とならぶ奈良県三大梅林の一つとして知られています。広橋峠の北側斜面、約25ヘクタールにわたって約5,000本の梅が植栽されており、2月末から3月中旬が見頃です。白梅、紅梅、そして淡桃色、一重咲き、八重咲きなど色とりどりに咲匂う梅と景色をお楽しみ下さい。また、金剛葛城両山や大和平野を見渡せる眺望も素晴らしく、青梅が実る初夏もお勧めです。

散策道が整備されており、気軽にハイキングを楽しめます。梅以外にもさまざまな草花や人と触れ合えるのは広橋梅林ならではです。また、毎年3月中旬の日曜日には、「梅の里山祭」を開催、様々なイベントが行われますのでこちらもぜひご参加ください。

展望デッキ
梅を眺めるには最高!ここからは、眼下に広がる梅林を一望できる。金剛山・葛城山・二上山が見渡せる素晴らしい眺望はあなたのものです。

梅の仲間たちの果実園
梅の仲間たちが大集合!果樹園には梅の仲間が植えられています。ちょっとした休憩ポイントに。園内には、スモモやアンズ・ビワ・かりん・豊後梅(フンゴバイ)・見驚梅(ケンキョウバイ)・玉英(ギョクエイ)・寒紅梅・白加賀・南高梅など 10種類が植えられています。

天守の森
広橋城跡とされ、頂上には高峰稲荷神社があります。美しい眺望と壮大な歴史を感じながら山城があったとされる頂上までひと歩き。

高野槙(こうやまき)群生地
高野槙の群生地の中を歩いていると、幻想的な気分にひたれます。

散策道(ハイキングコース)

○梅林満喫コース =全長約3.2キ ロ=
広橋峠バス停から下市温泉秋津荘を目指す散策コース。 ゆっくりと流れる時間の中で、人と自然が共存する「梅の里山」ならではの風景が広がります。

○天守の森コース  =全長約1.2キロ(往復)=
広橋峠バス停(453m)から、標高差約150mを一気に駆け上がる「天守の森」。ここからの風景はきっと あなたを満足させてくれるでしょう。広橋梅林奥千本の梅があなたを待っています。

交通 近鉄吉野線下市口駅から奈良交通バス約20分、「大杉」または「乳屋辻(ちちやつじ)」下車すぐ
※バスの便が少ないため、ご注意ください。
○時刻表
クリックすると時刻表が表示されます。
近鉄電車時刻表
奈良交通時刻表
お問合せ 下市町役場(建設産業課)
TEL 0747-52-0001

※広橋梅の里構想
下市町では、町民と行政が一体となって広橋梅林をより魅力ある場所にするために、「広橋梅の里」構想を推進しています。

ページの最初に戻る
梅って、どんな植物?
  • 古くは、実を薬用にするために、中国から渡来しました。
  • 香り立つ美しい花と、趣ゆたかに伸びる枝の様子が日本人に広く好まれ、万葉集の時代には、花と言えば桜ではなくこの梅を指していました。
  • 花の色や花弁の数はさまざまで、園芸品種は200種にも及びます。
  • 今でも日本の味覚の代表ともいえる「梅」の実。広橋梅の里には、「白加賀」をはじめ、質の高い実をみのらせる梅の木が約5,000本植えられています。
  • ウメの木のコケは、キレイな空気のバロメーター。
    梅の里山の木を、よ~く見てください。老木に多いのですが、木の幹のところに「ウメノキゴケ」が見つかるはずです。ウメノキゴケは、車から出る排気ガスなどに含まれる亜硫酸ガスの多いところでは育ちません。広橋梅の里に多く見られることは、空気のキレイな証しといえます。ウメノキゴケは、空気の環境が良ければ、サクラやカキ、岩石などにも付着します。最近では環境問題の調査にも使われる、このウメノキゴケ。私たちが住んでいるところの空気がキレイかどうかも、このコケの様子を見ればわかるのです。
ページの最初に戻る